医療について

日光疹と皮膚科で診断されました

夏になると、日光に当たった部分が激しい痛みを伴うようになりました。
常にかきむしりたいという衝動に駆られ、必死に我慢しなくてはなりませんでした。
市販されている痒み止めを購入して、痒みを感じるたびに塗っていましたが痒みが完全になくなることはありませんでした。
日常生活にも支障をきたすようになったので、仕方なく皮膚科を受診しました。
すると、先生から日光疹という皮膚病であると診断されました。
日光に対してアレルギー反応を起こしていて、痒みが出ているとのことでした。
対処法は直接日光が肌に当たることを避けることだそうです。
帽子と日傘をしてサングラスをかけるといいと、言われました。
そして、長袖長ズボンで完全に肌が見えない服装を心がけるようにとアドバイスを受けました。
塗り薬を処方してもらったので、その薬を塗りました。
一週間ほどで症状が落ち着き、問題なく日常生活を送れる程度まで回復しました。
これからはしっかり気をつけたいと思います。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.